さいたま市緑区の歯科医院/歯医者「リュウデンタルハウス」小児歯科、予防歯科、マタニティ歯科、入れ歯、矯正歯科はさいたま市の歯科医院(歯医者)リュウデンタルハウスへ



チームメンバー募集

〒336-0975
埼玉県さいたま市緑区大字代山22-1
TEL:048-878-5000
【診療科目】
予防相談、一般歯科、小児歯科、
マタニティ歯科、審美歯科、歯周病、
ホワイトニング

リュウデンタルハウスは、悪くなった歯を治療するだけではなく、大切な歯の健康をお守りし、食事は空腹を満たすためだけではなく、心から「美味しい」と味わって、いつまでも楽しんでいただきたいのです。

【食事・・・味覚・・・】

リュウデンタルハウス メッセージ

歯はあなたの人生に食事を味わって楽しむ、
というかけがいのない時間をプレゼントしてくれています

歯の本数は28本あります。(親知らずを含めると32本です。)
ある新聞社の報告では80歳で20本以上の歯が残っている方と、4本以下になってしまった方とでは、年間医療費(体の治療代)が1年間で11万円以上も違うという調査報告もなされています。

食べることは生きるため
生きようとすることは食べようとすること
歯は命と直結しています。

虫歯と歯周病の治療を行います。年間医療費のデータからも生き生きと健康な生活を送る上で歯はとても重要な役割を担ってくれています。その大切な歯を極力、削らない・抜かない方法を選択いたします。歯に栄養を送っている神経を抜いてしまった歯はもろくなりやすいので、神経も可能な限り残す治療方法をご提案します。
一本でも多くの歯を残し、患者さまが豊かで快適な生活を送れるようサポートいたします。

【 M・I(ミニマム・インターベーション=最小限の介入)治療】
歯科の最先端の治療方法:
できるだけ削らなくてもよい処置を施して可能な限り歯を残す治療法
知覚過敏(しみる)の症状や、口内炎などのお口の中の不快な症状で
お困りの方も適切な処置をして不快を解消いたします。

 

【麻酔が必要な際の無痛治療を目指して】

お子様時代に、痛い治療、押さえつけられての治療を受け、「歯医者はすごく痛いもの」という先入観を持ち、歯医者嫌いのまま、大人になられた方がいらっしゃると思います。表面麻酔を用い、可能な限り、痛みの無い・不安の無い治療に努めております。
著しく不安の強い方にも十分な対処が可能になりました。
(ただし炎症が急性症状の場合、お痛みを取りにくいときもあります。)

☆無痛治療の手順:
当院が行っている麻酔の手順(注射の手順)
1. 表面麻酔表面麻酔バナナ味
 
針を刺す場所の歯茎の表面を麻痺させ刺す痛みを減らします。
右の写真の白地に黄色いラインのボトルはバナナ味です。
お子様にも安心ですね。

2. 極力細い針の使用
痛みを抑えるためには細い針のほうがよいです。現在最も細いと言われる33ゲージをつかっています。

3. 麻酔薬カートリッジウォーマー
麻酔薬の温度と体温を同じくらいに麻酔薬を温めることで液体を体内に入れる時の刺激を減らします。

4. 電動麻酔器
手動の注射器では必要以上に力が入り麻酔液が体内に入っていく圧力が苦痛になりますが、電動麻酔器は、注入時に最もゆっくりと体内に麻酔の液を入れていきますから生体的に抵抗がなく、注射されている感覚もほとんどありません。

5. テクニック
麻酔の針を入れる際に、針を動かさずに歯肉を振動させて、薬液を入れることにより、さらに痛みを軽減します。
その他に、保険・保険外共に詰め物、かぶせ物をする際に使用いたします歯科材料の選定にも最良の治療を提供するために厳選してこだわっております。例えば保険で使用する白い詰め物の材料も、何十種類とありますが、その中でも強度(割れない)、変色(色が付きにくい)、接着性(外れない)、耐久性(長持ち)などの観点から厳しく選んでいます。ご安心ください

 

歯を多く残している方が大きな病気になりにくいのは、しっかりと強く食べ物を噛みしめて身体(内臓など)に負担をかけていないからです。よく噛めないままの入れ歯でお困りの方は決してそのままにせずにご相談もお気軽にしてください。寝たきりの方でよく噛める入れ歯が入ってから、起き上がって元気になられた例もあります。いつまでも健康でいていただくために入れ歯の治療と全体の噛み合わせにも力を入れておりますので、よく噛める痛くない、より良い治療をご提供いたします。

前歯は笑顔に必要です。奥歯は食事に重要です。
いつまでも大きく笑って美味しくお食事を楽しんでください。


子供さん向けに、口内チェック、虫歯予防、虫歯治療、歯みがき指導などをおこないます。緊急性のある場合以外は、本人が自らの意思で口を開け、治療を乗り越えていこうという気持ちを育てていきます。嫌がる場合は最初から削らずに、練習から始めるようにしております。 治療に連れてこられるお母さん、お父さんは非常に根気が要りますが、お子様の成長は驚くほどで、それがご両親や我々の大きな喜びにもなります。始めは大泣きしてしまっても諦めないでください。歯科医師、スタッフの顔に慣れてくれば診察・治療ができるようになることがほとんどです。 無理せず、少しずつでも進めていきましょう。


虫歯、歯周病は毎日歯をみがけば予防できると思われていますが、日本の80歳の方が平均的に残している歯の本数が約7本というデータからもご自宅での歯みがきだけでは限界があります。それは病原菌である虫歯菌や歯周病菌がお互いに連鎖し合って膜『バイオフィルム』となるからです。このバイオフィルムは歯みがきでは落ちません。定期的にプロのスタッフによって機械的に取り除くことにより、虫歯や歯周病を予防できます。
プロの技術によって隅々まで痛みなく歯の表面を傷付けずに清掃します。
痛くなってから慌てて歯科にくるのではなく、痛くなる前、ひどくなる前から一緒に予防していきませんか?ぎりぎりまで我慢するのは、歯にとって本当によくないことです。
ずっと自分の歯で過ごしたい・・・と思うならば予防歯科は欠かすことの出来ない大切なことです。

日本に次ぐ世界第二の長寿国スウェーデンの80歳の老人の歯の残存数は、日本人の2倍以上(21本)で自分の歯で生活できる方が多くおられます。

それは、スウェーデンのみなさんは常に予防歯科を受けて歯を大切にしており、歯医者は治療のためでなく、歯の汚れを除去したり、歯や歯ぐきの健康チェックと予防のため(メインテナンス)に歯医者に行くのが普通と考えているからです。これはアメリカやヨーロッパ各国も同じです。

一方、右上のグラフを見てるとわかるように、日本人のメインテナンス率はわずか2%です。

自分ではきれいに磨けない歯は、プロの手にゆだねて定期的にしっかりときれいに磨いてもらいましょう。
ケアに対する違いが、同じ長寿国でもしっかりとした歯を持ち続けるスウェーデンの人たちと、私たち日本人との大きな差になって現れています。

下記の図は、歯の本数と、日本人の歯の平均寿命を表したものです。

自分や家族の歯の寿命を延ばすには・・?
まずは自分の歯の本数、虫歯のリスク、歯周病の状態を正しく知ることから始まります。
そして積極的に定期健診(リスクチェック)、歯石取り(除菌・予防処置)を楽しく行っていくことです。

そら歯科クリニックでは8020運動を推進しております。生涯自分の歯で過ごす為にも、しっかりとした予防歯科を受けられることをお勧めいたしております。


【※8020運動とは、80歳になった時に自分自身の天然歯が20本残ることを目指す運動です。】


 


歯科で扱う病気の大部分は虫歯と歯周病ですが、これら以外にも口の中の病気があります。事故などで顎の骨が折れることもありますし、腫瘍ができることもあります。抜歯、歯の炎症や外傷の処置、口腔内の疾患の早期発見などを行ないます。

また口を大きく開けられない、顎の関節が痛むなどの二症状があれば顎関節症です。
顎関節症は、異常な噛み合わせ・高さの不良な歯の詰め物などが原因で起こります。治療法はマウスピースを作り、レーザーを照射(あたたかく感じる程度)し、緊張状態にある顎関節をリラックスさせ、異常な噛み合わせを探し出します。その後に適切な噛み合わせを整えるという方法になります。

 


『せっかく治療するなら、よりキレイに治したい!』
『今の歯の色や形のコンプレックスを解消して、思い切り笑いたい!』
美しく健康な歯へのニーズから生まれたのが、審美歯科です。
ただ痛みを取り、噛む機能が回復すればいいという治療では満足出来ない歯への欲求への意識の高い方に捧げる、新しい歯科の治療スタイルです。審美歯科はバランスの取れた美しい口元を作り出し、自信を持った明るい笑顔へと導きます。ホワイトニング(歯の漂白)やメタルボンド、オールセラミック、ハイブリッドセラミック(歯のかぶせ物)などの最新技術を積極的に取り入れています。

口元に自信がない、コンプレックスを解消したい方などに喜ばれています。

 


ホワイトニングとは、歯を削ったり人工物をつけたりせずに、薬剤(マウスピース)に塗ってつけるだけで、歯の色を白くする方法です。

当院では、ホワイトニングご希望の患者さまお一人お一人とのカウンセリングを大切にし、ご相談の上で、患者様にあった白い歯をご提案してまいります。

 


モニターを用いた顕微鏡検査によりお口の細菌の種類や数などを検査し、その細菌に合うお薬や歯磨き粉を用いて行う治療法です。
モニターを利用する為、細菌を観察し治療前後の評価もできます。
今までは、レントゲン検査のみで症状が起きた時に判断していましたが、顕微鏡検査により、症状が起こる前に判断し歯周病予防がより効果的になりました。


当院では、多くの患者さんが抱えておられるような審美的および機能的な‘‘歯並び‘‘のお悩みにもお応えできるよう対応しております。矯正治療は最近、とても身近なものとなってきております。歯並びや口元の見た目の美しさの改善、噛み合わせの改善、虫歯や歯周病の予防、咀嚼能力のアップなど様々なニーズから矯正の意義が見直されてきています。

例えばお子さまと大人の方では治療内容も治療期間も大きく違い、皆様には解りにくい点が多いと思います。‘‘6ヶ月で治る矯正‘‘、‘‘歯を抜かずに治る矯正‘‘という広告をよく目にします。すべての歯の噛み合わせを治し、きれいな歯並びにするのには半年では無理ですし、すべてのケースで歯を抜かないで治療することも限界があります。お口の中の状態は個人によって様々ですので一度お口の中を拝見させていただかないと詳しいお話しをさせていただけません。矯正治療に対して誤解や混乱を招かないためにも、当院では丁寧にお話しさせていただきます。患者さまが納得していただける最善の治療方針をご相談の上、ご提案させていただきます。


妊娠すると・・・
・ホルモンのバランスで唾液が粘り、食べかすが残りやすい
・食事や間食の回数が多くなる
・つわりがひどくて歯ブラシを口に入れるのもいやになって、つい歯磨きをさぼってしまう
などで、口の中が不衛生になりやすく、

・つわりの時期は胃酸が逆流して口の中が酸性に傾いて細菌が増えやすく、歯が溶けやすい環境を作ってしまいます。

母子手帳に「妊娠中と産後の歯の状態」のページがあります。
そう、妊婦さんと歯科はとても密接な関係にあるのです。

妊娠すると、心も体もいつもと違う状況になり、お口の状況もいつもと違ってきます。
マタニティ歯科は、あなたと、あなたの大切なお子様のお口の健康を守るためにあります。

昔治らなかった病気が今はきちんと治療ができるようになっているケースが多くなりました。

これが医療の進化、進歩を表している証拠です。

だからこそ医療の世界では、最新が最良と言われています。

 


埼玉県さいたま市緑区の歯科医院・リュウデンタルハウス 予防相談、一般歯科、小児歯科、 マタニティ歯科、審美歯科、歯周病、 ホワイトニング